リンク

独立開業みちしるべ
 
独立開業のQ&A
 
? 個人と法人ではどちらがよいですか。

 事業形態を個人とするのか法人(会社)とするのかについては、事業規模、業種、将来をどう見込んでいるかなどによって異なってきます。
 次の特徴の比較を参考にどちらにするか検討しましょう。
 

個人と法人の特徴の比較
開業手続 個人の場合は、簡単で費用もかかりません。
法人の場合は、会社設立手続に手間と費用がかかります。
信用 一般的には法人の方が信用力に優れ、大きな事業をする場合や、取引先の開拓、従業員の確保といった面では比較的有利といえます。
税金 事業所得が低い場合はあまり差がありません。所得が大きくなると法人の方が節税効果が高くなります。
責任 個人の場合は、事業の成果はすべて個人のもとになりますが、事業に万一のことがあると、個人の全財産をもって弁済しなければなりません(無限責任)。
 有限会社や株式会社の場合は、会社と個人の財産は区別されており、会社が万一整理することになったときは、出資分を限度に責任を負います(有限責任)。ただし、代表者などは取引に際し連帯保証をするケースがほとんどですから、この場合は保証責任を負います。
 
 
株式会社の設立手続の流れ
 
会社のプランを作る
矢印
類似商号を調査する
矢印
定款を作成する
矢印
イメージ中央
矢印
設立登記を申請する
矢印
登記完了