リンク

独立開業みちしるべ
 
独立開業のQ&A
 
? 売上予測の方法を教えてください。

 主な売上予測の方法は次のとおりですが、業種の特性を考え最も適した方法を選び、他の方法もあわせて検討してみましょう。
 また、業界平均に地域事情などを加減するなどして、多角的に売上高を予測することが大切です。
 
1 設備が直接売上に結びつき、設備単位当りの生産能力がとらえやすい業種(部品加工業、印刷業、運送業など)
<算式>
設備の生産能力×設備数

〔設例1〕
業種:部品(ボルト)加工業
  • 旋盤 2台
  • 1台当りの生産能力 1日(8時間稼動)当り500個
  • 加工賃@50円 月25日稼動
売上予測(1ヵ月)=50円×500個×2台×25日=125万円

2 販売業で店舗売りのウェイトが大きい業種(コンビニエンスストアなど)
<算式>
1平方メートル(または1坪)当りの売上高×売場面積

〔設例2〕
業種:コンビニエンスストア
  • 売場面積 100平方メートル
  • 1平方メートル当たりの売上高(月間) 15万円
    (「小企業の経営指標」による業界平均から算出)
売上予測(1ヵ月)=15万円×100平方メートル=1,500万円

3 飲食業、理・美容業などサービス業関係業種
<算式>
客単価×設備単位数(席数)×回転数

〔設例3〕
業種:理髪店
  • 理髪椅子 2台
  • 1日1台当りの回転数 4.5回転
  • 客単価 3,950円 月25日稼動
売上予測(1ヵ月)=3,950円×2台×4.5回転×25日=88万円

4 労働集約的な業種(自動車販売業、化粧品販売業、ビル清掃業など)
<算式>
従業者1人当りの売上高×従業者数

〔設例4〕
業種:自動車小売業
  • 従業者 3人
  • 従業者1人当りの売上高(月間) 338万円
    (「小企業の経営指標」による業界平均から算出)
売上予測(1ヵ月)=338万円×3人=1,014万円
 
 
※1平方メートル当りの売上高や従業者1人当りの売上高などについては、「小企業の経営指標」(日本政策金融公庫総合研究所編)などで調べることができます。