リンク

独立開業みちしるべ
 
独立開業のQ&A
 
? 資金計画のたて方を教えてください。

 開業にあたっては、資金がいくら必要で、それをどう調達するかを検討しなければなりません。これを資金計画といいます。
 開業に必要なすべての資金と、その調達方法について下の表を参考にまとめてみましょう。

●必要な資金と調達の方法
必要な資金 金額 調達の方法 金額
設備資金 店舗、工場、機械、備品、車両など(内訳)  万円 自己資金  万円
親、兄弟、知人、友人等からの借入(内訳・返済方法)  万円
国民生活金融公庫からの借入  万円
運転資金 商品仕入、経費支払資金など(内訳)  万円 他の金融機関等からの借入(内訳・返済方法)  万円
合  計  万円 合  計  万円
 
 
ワンポイントアドバイス 自己資金の目安
 
 新たに事業を始めようとする場合、「自己資金はどれくらいあればよいか」ということが心配になります。国の「新規開業実態調査」によると、開業資金総額に占める自己資金の割合は、26%となっています。自己資金以外には、金融機関からの借入金が48%、その他が26%となっています。その他とは親、兄弟などからの出資、あるいは無期限無利息の借入金などです。
 事業が軌道に乗り資金繰りが安定するまでにはどうしても時間がかかります。借入金の返済や予想外の出費で資金繰りが苦しくなるなど、さまざまな問題が起こります。万一の時に備えて、数ヵ月分の経費相当分は取っておくなど、ゆとりを持った開業資金計画をたてることが大切です。