5章

3. コミュニケーションにかかる費用

新しい商品が発売された場合、今までは、営業担当者が自分のお客様にパンフレットなどを持って訪問を行ったり、新聞に折り込みチラシを入れて告知(報告・連絡)しました。

しかし、これには非常に時間と費用がかかってしまい、中小企業どころか大企業ですら、その情報を待っているすべてのお客様に満足していただくことは不可能でした。

インターネットは、お客様に届けたい情報をホームページに掲載しておくだけで世界中の人が、誰でも、いつでも見ることができるようにしましたが、配布する費用も放送する費用も企業は負担する必要が無い上に、印刷にかかる時間も必要なくなりました。 お客様の側では、欲しい情報をもっている企業や小売店が休みや営業時間外であっても、必要な情報は、インターネットを経由して、いつでも安価に取り出せるため、今までのようにパンフレットやチラシを保存しておく必要もなくなりました。
つまり、今までの情報のやり取りは、たくさん配布する場合や遠くまで配布する場合などは、たくさんの費用がかかっていましたが、IT革命は、これを「ただ」同然で、できるようにしてしまいました。


NEXT●