1章

イメージ 3.社内の連絡網を作ること

お客様からかかってきた電話に、担当者不在のために、「後ほどおかけします」と返事されたことはありませんか。

お客様に不愉快な思いをさせているのですが、簡単な方法で解決できます。お客様の用件の内容によって対応方法が異なりますが、とにかく担当者に簡単に連絡が取れればいいわけです。しかし、携帯電話にジャンジャン電話連絡が入ることも、お薦め出来ません。社外にいる人は、多くの場合、お客様と商談中であるか、車の運転中です。

e-メールと携帯電話メールを使いましょう。

社外へ出ることがある人全員に、携帯電話メールが送受信できるようにしましょう。場合によっては、会社が、その分の費用負担を行うことも必要になってきますが、この連絡網作りは、必須です。

イメージ 連絡速度の向上は、企業力の強化です。

良いことも悪いことも伝わる速度が速くなると、対応速度も当然速くなります。お客様の要求やトラブルに対応する速度の速さは、トラブルになることを未然に防ぐばかりではなく、お客様への重要なサービスの一つとして、喜んでいただけるものになるでしょう。 営業担当に、その昔、ポケットベルを持たせていた企業は、今、携帯電話になっていると思います。 これに、メール機能を追加しましょうというだけです。

ただ、始め方については、お願いがあります。今から始めてください。

「社長が外出している時の連絡は、携帯電話メールに限る」としましょう。これが、あなたの会社のIT革命の始まりです。

NEXT●