1章

2.今日のお客様と会話すること

イメージ 小売業であれ製造業であれ、お客様がいらっしゃって商売が成り立ちますが、果たして、お客様に自社の技術や商品をすべて知っていただけているでしょうか。

お客様が求めているのは、商品そのものだけではありません。売り手の側の豊富な知識に基づいた商品の選別、その中から、お客様の要望にあった商品をおすすめする能力がこれまで以上に期待されています。お客様が、インターネットからの情報に期待するようになったのは、売り手の側が、この要求に応えられなくなってしまったからかもしれません。情報収集力、情報発信力の強化が必要です。

今日、あなたが出会ったお客様は、あなたが扱う商品や技術をどれくらいご存知でしょうか。もし、ご存知ないものがあったとすれば、それを、あなたはお客様に紹介できたでしょうか。商品や技術を紹介するのにテレビコマーシャルや折り込みチラシなど、大規模な広告宣伝活動ばかりが有効なものではありません。今日出会ったお客様に、話をすればいいのです。

イメージ インターネットのホームページやe-メールでの案内という手段もありますが、その前に、たとえば、名刺や葉書サイズのチラシはいかがでしょうか。胸のポケットや鞄の中、店頭に飾っておいて、お客様にお会いする毎に手渡しすればいいわけです。

お客様との「対話能力を強化しましょう」がテーマです。

名刺や葉書サイズのチラシはパソコンで簡単に作れます。また、作成するソフトは、(たぶん)すでに、あなたのコンピュータに組み込まれています。

一般的なパソコンに最初から入っているソフト
(メーカ、機種によって異なります)
ワープロ Microsoft Wordや一太郎など
表計算 Microsoft Excel(エクセル)など
インターネット ・インターネット・ホームページ閲覧ソフト インターネットエクスプローラなど
・電子メールソフト アウトルックエクスプレスなど
はがき作成 ・筆ぐるめ、筆まめ など
 葉書だけでなく、名刺やA3くらいまでの大きさのチラシなども作成できます
電話・FAX ・携帯電話データー編集ソフト
・FAX送信ソフトなど
地図 カーナビのような全国地図や、電車の経路を調べてくれるソフトもあります
画像 デジカメなどで撮影した画像を編集できます
その他 パソコン自習用ソフト、ホームページ作ソフトや国語辞典など

ぜひ、これをお読みになった明日から始めてください。

NEXT●