近江八幡商工会議所 企業情報

ゆるぎかぶ 小袋


提供価格210円

滋賀県特産の赤蕪で、晩夏から初夏まきに適した中蕪。根部は美しい鮮紅色で肉は白く、根径8〜10cmの扁球形となる。
古くから蛭口カブラが西庄で栽培されていて、その後近江カブラか聖護院カブラのどちらかが導入され、それらの自然交雑によってできたものと考えられる。明治の初年万木の人、水口藤助氏が特に改良に意を用いて系統の選抜と採種に努められた結果優秀な形質になり当時藤助カブラと呼んでいた。万木を中心に普及し。青果、漬物として市場に出荷されるようになり明治中期に主産地である滋賀県安曇川町西万木にちなんで万木カブと命名された。